RKC メールマガジン Vol.2
平成17年1月6日
謹賀新年
本年も、RKC理化工業をご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
A HAPPY NEW YEAR A HAPPY NEW YEAR A HAPPY NEW YEAR A HAPPY NEW YEAR A HAPPY NEW YEAR A HAPPY NEW YEAR

1.温度調節計の選択について

製品写真の抜粋例 当社の主力商品である温度調節計は、数十種類に及ぶ豊富な商品ラインナップでお客様の用途目的に応じてお選び頂けます。しかし、豊富なラインナップのため、何を選択して良いのか迷ってしまう程かもしれません。
選択に迷ったら、最も早い解決策は当社のセールスエンジニアにご相談頂くのが近道です。お客様のニーズに合った調節計のみならず制御システム全体について提案させて頂きます。

 →→→ 事業所一覧はこちら!

ご相談頂く前に制御対象,センサの種類,制御温度,要求される精度,設置箇所,サイズ,通信,警報等の付加機能などの要求事項を整理しておくと良いでしょう。
ホームページでは、精度と計器サイズを切り口にしたページを用意しています。

 →→→ 調節計セレクションガイド



2.警報機能について
警報機能について 各種調節計や指示計の多くは、警報機能を付加する事ができます。一般に警報と聞いてイメージするのはサイレンや非常灯の点灯点滅など音や視覚に訴えるものを連想すると存じます。
しかし、各種調節計や指示計では、一部の特殊な機器を除き警報出力条件を満たした場合にリレー接点やオープンコレクタなどを用いて出力される機能を指します。
接点等で出力されるため、警報出力を受けて二次的に動作させるシーケンスは、お客様により構築して頂く事になります。
『サイレンを鳴らす』『非常灯を点灯する』『補助機器のスイッチを入れる』『PLCに信号を取り込む』等々...目的に応じてご利用頂ける最も一般的な付加機能(一部機種は標準搭載)と言えます。

 →→→ 警報機能について



3.Q&A 『白金測温抵抗体編 Vol.1』
Q: Pt100センサのリード線は、なぜ3本なんですか?
A: 一般に広く使用されている白金測温抵抗体(Pt100)の多くが3線式を採用しているためリード線は、3本でています。(規格として3線式の他、2線式,4線式があります)
白金測温抵抗体の測温原理は、温度変化に応じて抵抗が変化する事を用いています。
変化する抵抗値が微細なため、リード線の抵抗値も無視する事はできません。3本のリード線を用いる事によりホイートストーン・ブリッジ回路の原理でリード線の抵抗分を相殺しセンサ感温部の正確な測定が可能になります。


人気ページのご紹介
当社ホームページの人気ページをご紹介致します。
これらは、アクセスが特に多く人気のページです。未だ読まれて無い方には是非ご一読される事をお勧め致します。

フレーム付 ホームページ

フレーム無 ホームページ

このページに関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、購読中止はcs@rkcinst.co.jpまでお願いします。
メールマガジンバックナンバー
理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
ホームページへフィードバック制御とフィードフォワード制御