RKC メールマガジン Vol.4
平成17年3月3日

1.高速制御対応の温度調節計に思うこと

 CPUを搭載したデジタル方式の温度調節計が誕生して20数年(当社は、1982年にREX-C1000型を発売)が経ちました。REX-C1000型のサンプリング周期は、1秒でしたが温度調節計として広く産業界に受け入れられ高い評価を受けました。REX-C1000型から23年、当社最速の温度調節計(HAシリーズ, SRXシリーズ)は、0.025秒と40倍のサンプリング周期を実現しています。
一般的に広く使用されている温度調節計(CBシリーズ, New Zeroシリーズ)は、0.5秒のサンプリング周期です。読者の多くの方は、特殊なアプリケーションでない限り温度制御にサンプリング0.025秒は必要ないと思うかもしれません。
しかし、良く考えてみてください温度は連続的に変化するアナログ量です。さらに技術革新により多くの高速熱媒体が開発されて来ており高速サンプリングにより温度制御の選択肢が増えています。

代表的なアプリケーション例は、
  ・半導体製造装置のRTP(ラピッド・サーマル・プロセス)関連装置
    ・フリップチップボンダー
    ・ランプアニール装置
などがあります。

当社製品は、高速制御対応商品が充実しています。
温度調節計の選択の際、是非ご一考の程お願い申し上げます。
サンプリング周期 0.025秒の製品
温度調節計 HAシリーズの製品写真 モジュールタイプ温度調節計 SRX型の製品写真
HA900  HA400 SRX
>>> 高速サンプリング調節計 HAシリーズの特集へ
>>> モジュールタイプ調節計 SRXシリーズの特集へ

サンプリング周期 0.05秒/0.1秒/0.25秒可変タイプの製品
デジタル温度調節計 FB900, FB400型製品写真
FB900  FB400
>>> デジタル温度調節計 FBシリーズの特集へ

高速制御対応の電力調整器
電力調整器 THVシリーズ製品写真 電力調整器 THW型製品写真
THVシリーズ(単相用) THWシリーズ(三相用)
>>> 高性能単相電力調整器(サイリスタユニット) THVシリーズの特集へ
>>> 高性能三相電力調整器(サイリスタユニット) THWシリーズの特集へ



2.デジタル温度調節計『HA900, HA400』 CC-Link対応
 高速制御でご好評を頂いているデジタル温度調節計「HA900, HA400」にCC-Linkフィールドネットワーク対応製品がラインナップに追加されました。
CC-Linkは、多くの企業が参加しているフィールドネットワークです。詳細は、CC-Link協会
当社のデジタル温度調節計「HA900, HA400」は、リモートデバイス局として接続されます。
温度調節計 HAシリーズのフィールドネットワーク CC-Link接続説明図
※理化工業株式会社は、CC-Link協会の会員です。


3.Q&A 『熱電対編 Vol.2』
Q: シース熱電対って何ですか?
A:  シース(Sheath)は、刃物などの「さや」の意味があり熱電対の場合、保護管をシースと呼ぶ場合があります。しかし、簡易計装で一般的にシース熱電対と呼称される温度センサは、保護管と熱電対の間に無機絶縁物(MgO:酸化マグネシウム)を充填した構造の熱電対を指します。
無機絶縁物を充填する事により熱伝導が向上し応答性や対振動性などが中空の一般型より優れています。


人気ページのご紹介
当社ホームページの人気ページをご紹介致します。
これらは、アクセスが特に多く人気のページです。未だ読まれて無い方には是非ご一読される事をお勧め致します。

フレーム付 ホームページ

フレーム無 ホームページ

このページに関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、購読中止はcs@rkcinst.co.jpまでお願いします。
メールマガジンバックナンバー
理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
ホームページへフィードバック制御とフィードフォワード制御