RKC メールマガジン Vol.7
平成17年6月2日

1.調節計は、精密計測器?

温度調節計 FBシリーズ 製品写真 マイクロボルト
マイクロオーム
温度調節計 REX-F9000 製品写真
<上の写真は、イメージです。特定の機種を説明するものではありません。>

調節計のみならず、指示計、記録計、変換器等は、熱電対温度センサや白金測温抵抗体温度センサを入力に用いています。これら温度センサの出力は、温度変化に対して非常に微弱で熱電対温度センサの場合で1℃当たりの変化量は、数mV〜数十mV程度(タイプ、温度により異なる)、白金測温抵抗体温度センサの場合で、数mW〜十数mW程でしかありません。
当社の調節計ラインナップの中には、最高分解能が0.001℃(REX-F9000)、0.01℃(FBシリーズ、HAシリーズ)と高分解能を有する機種があります。
調節計等の各種受信器は、微弱な信号を温度に変換する精密計測器の一面を持っています。デジタル技術が進歩する昨今ですが、温度センサの微弱信号を正確に捉えるアナログ技術の蓄積があればこそ高精度、高分解能の調節計を供給し続ける事ができるのです。



2.当社ホームページのご紹介
●カタログ・取扱説明書・サポートソフト等のダウンロードは、
 →→→ ダウンロードサービスのご案内へ
 →→→ 和文については、Club RKC ダウンロードサービスへ
 →→→ 英文カタログは、「Specification Sheets Download」へ
 →→→ 英文取扱説明書は、「Instruction Manual Download」へ
 →→→ 中文(簡体)カタログは、こちらへ

●カタログ・取扱説明書以外の製品情報は、
 →→→ 製品案内へ
 →→→ 製品特集へ
 →→→ 調節計セレクションガイドへ

●温度センサ関連の情報は、
 →→→ 熱電対についての豆知識へ
 →→→ 白金測温抵抗体についての豆知識へ
 →→→ 非接触型熱電対温度センサ ST-100 特集へ
 →→→ 微小表面用温度センサ ST-55/56 特集へ
 →→→ 貼り付けタイプ熱電対センサ ST-50
 →→→ ハンディタイプ温度計用センサ
 →→→ 温度の測定方法について

●温度制御に関する情報は、
 →→→ 技術解説ホームページへ
 →→→ 温度制御の手引きへ

●会社概要・営業所・事業所等の情報は、
 →→→ 会社概要へ
 →→→ 海外販売網 (RKC Sales & Service Network) へ

●サイトマップは、こちらです。

※上記ページが全てではありあません。


3.Club RKC 更新情報
製品カタログ
SSNP, SSNZ 改訂 (05/06/02) 単相サイリスタユニット
SBR-EW100 追加 (05/05/26) ハイブリット記録計
取扱説明書
SBR-EW100 追加 (05/06/02) ハイブリット記録計
COM-E 追加 (05/05/10) 通信プロトコル変換器
COM-JC 追加 (05/05/10) CC-Link 通信変換器
COM-JE 追加 (05/05/10) PLC 通信変換器

 →→→ Club RKC はこちら!

 →→→ ハイブリット記録計 SBR-EW100 の特集はこちら!

 →→→ FBシリーズの特集はこちら!


4.Q&A 『温度調節計 Vol.3』
Q: 冷接点温度補償誤差とは何ですか?
A:  熱電対温度センサを使用する温度調節計や指示計、記録計等には、冷接点温度補償回路と言うものが組み込まれています。これは、熱電対温度センサの測定原理に起因し温度測定上不可欠なものです。熱電対温度センサは、測温部(熱電対の温接点)と調節計の端子部(冷接点)の温度差分の熱起電力を発生しています。しかし温度差分のみでは、測温部の温度を知る事はできません。そこで、計器側の端子温度(冷接点温度)を測温抵抗体やサーミスタ等の温度センサで測定し補う事により温度計測を実現しています。
従って、冷接点温度補償誤差とは、計器側の端子温度(冷接点温度)測定誤差を言います。

フレーム付 ホームページ

フレーム無 ホームページ

このページに関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、購読中止はcs@rkcinst.co.jpまでお願いします。
メールマガジンバックナンバー
理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
ホームページへフィードバック制御とフィードフォワード制御