RKC メールマガジン Vol.10
平成17年9月1日

1.IPF (国際プラスチックフェア) 2005 当社ブースの見どころは?

各種プラスチック成形機 射出成形機 押出機等 温度調節計FBシリーズ(FB400, FB900)を用いた押出成形機の温度制御を提案します。
モジュール型コントローラー SR Mini HG と PLC を用いた押出成形ライン制御を提案します。
デジタル圧力調節計 HA430, HA930 と樹脂圧力センサ CZ-200P を用いた押出成形の樹脂圧力制御を提案します。
各社のPLC(Programmable Logic Controller)へ容易な接続を実現するMAPMAN仕様の各種調節計、MAPMAN通信変換器 COM-E および COM-JE (FBシリーズ用)をご紹介致します。
生産現場でのフィールドネットワークへの柔軟な対応をご紹介致します。
IPF (国際プラスチックフェア) 2005 IPF国際プラスチックフェア
 日程:2005年 9月24日(土)〜28日(水)
 会場:幕張メッセ
 小間:61006
<<<社員一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。>>>


2.理化工業にみる温度調節計の変遷 その2 〜 アナログからデジタルへ 〜
 当社は、1937年(昭和12年)の創業以来、現在に至るまで多種多様の製品を世に送り出し時代のものづくりに貢献しています。前回のメルマガでは、国産温度調節計の黎明期(真空管式)から高度成長期(トランジスタ式)まで当社の代表的な温度調節計をご紹介致しました。
今回は、アナログからデジタル時代黎明期までの代表機種をご紹介致します。
MD-51型 温度調節計 製品写真 MD-51型 1978年
偏差指示温度調節計のMD-51型は、ホイール式デジタルスイッチによる温度設定や密着計装可能なアルミケースの採用、押出機など内部発熱を伴う温度制御に有効な加熱冷却PID制御方式のラインナップなど革新的な製品でした。
MF-51型 1978年
温度調節計MF-51型は、MD-51型の温度表示を7セグメントLEDを使用しデジタル表示にした機種です。
押出成形機におけるカスケード制御のマスター調節計、スレーブ調節計などもラインナップされていました。
PV7型 トランジスタ式温度調節計 RE-48シリーズ 1978年
小型化、省スペースの要求に応えた、前面 1/8 DINサイズ(48mm×96mm) 密着計装可能なRE-48シリーズです。温度指示計、偏差指示温度調節計、デジタル表示温度調節計、無指示温度調節計など多彩なラインナップで広くユーザーニーズに応えた代表的な製品でした。
プログラム温度調節計 PS-962 型 製品写真 PS-962型 1982年
CPUを搭載したプログラム温度調節計(温度制御と時間管理を組み合わせた調節計)PS-962型は、アナログからデジタルへの過渡期を象徴する機種です。
その理由は、設定管理のプログラム部分にCPUを用いたデジタル技術を採用し、温度制御部分については、従来のアナログ制御を採用していたからです。
REX-C1000型 温度調節計 製品写真 REX-C1000型 1982年
当社デジタル温度調節計の起源となるDIN 96mm角の温度調節計、それがREX-C1000型です。PID制御部分にデジタル技術を採用し、業界初のPIDオートチューニング機能を搭載した温度調節計として幅広く生産現場に採用されました。


3.Club RKC 更新情報
取扱説明書
COM−H 追加 (05/09/01) DeviceNet 通信変換器
RHT-L100 追加 (05/09/01) 温湿度変換器
RHT-R100 追加 (05/09/01) 温湿度変換器
RHP-B 追加 (05/09/01) RHT-L100用センサ
RHT-R200 追加 (05/09/01) 温湿度変換器
AE530 追加 (05/08/25) 圧力指示計

 →→→ Club RKC はこちら!

 →→→ FBシリーズの特集はこちら!


4.先月更新の注目ページ
先月は、2つのアプリケーション例をアップしました。まだ閲覧されていない方は、この機会に是非ご覧願います。
温度調節計FB400型を用いた押出機の温度制御例について
FB400を用いた押出機の温度制御 HA900を用いた拡散炉の温度制御


5.Q&A 『温度調節計 Vol.5』
Q: PIDオートチューニングを実行すると制御が乱れますが正常でしょうか?
A:  当社の温度調節計に搭載されているPIDオートチューニング機能は、ON/OFF制御の応答からPID定数を算出する方式を採用しているため、PIDオートチューニング実行中は温度制御は乱れますが異常ではありません。
最新機種の温度調節計FBシリーズの場合、PIDオートチューニングの実行条件を細かくカスタマイズする事が可能です。さらに簡易チューニング機能としてスタートアップチューニング機能を搭載しています。

フレーム付 ホームページ

フレーム無 ホームページ

このページに関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、購読中止はcs@rkcinst.co.jpまでお願いします。
↑ページトップへ↑
メールマガジンバックナンバー
理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
ホームページへフィードバック制御とフィードフォワード制御