RKC メールマガジン Vol.27
平成19年3月22日

1.高性能単相電力調整器 THV-A1 販売開始のお知らせ

THV-A1 シリーズ

THV-A1シリーズは、20A〜100Aまでラインナップされた高機能単相電力調整器(サイリスタユニット)です。
豊富な機能で各種ヒータの制御に対応します。

 単相電力調整器"THV-A1"は、定電圧制御・定電流制御(オプション)・定電力制御(オプション)を選択できるため高温での温度制御に有効な貴金属系ヒーター・スーパーカンタルヒーター・炭化珪素系ヒーターなど温度変化により抵抗値が変化するヒーターに対応可能です。
また、オプション機能にてヒータ断線警報機能やシリアル通信機能などを付加する事ができ、安全性の向上・管理システムの構築が実現できます。

高性能単相電力調整器 THV-A1 特集ページは、こちら


2.位相制御で発生する高調波電流と高周波ノイズの問題について

 表題の記事は、既に2002年9月26日、当社ホームページ『技術解説ホームページ』にて公開されていますが、メールマガジン創刊前の記事で未だに読まれていない方も多いかと存じます。この機会に電力調整器の『位相制御』について理解を深めてみるのは如何でしょうか?
電源環境を改善するヒントになればと存じます。

位相制御で発生する高調波電流と高周波ノイズの問題について
位相制御で発生する高調波電流と高周波ノイズの問題について


3.Club RKC 更新情報
取扱説明書
COM-JG 改訂 (07/03/14) PROFIBUS 通信変換器
COM-JC 改訂 (07/03/12) CC-Link 通信変換器
COM-JE 改訂 (07/02/22) PLC 通信変換器
 →→→ Club RKC はこちら!
 →→→ SRXシリーズの特集はこちら!
 →→→ SRVシリーズの特集はこちら!
 →→→ SRZシリーズの特集はこちら!
 →→→ FBシリーズの特集はこちら!


4.Q&A 『熱電対 Vol.7』
Q: 1つの熱電対を複数台の受信器(温度調節計、指示計、記録計等)に並列接続した場合、何か問題はありますか?
A:  温度調節計等の受信器は、通常熱電対の断線を検知するために微弱な断線検知電流を流しています。複数台並列接続された場合、1つの熱電対に流れる電流が増加する事になります。従って、信号源抵抗(熱電対側の抵抗値)×電流の合計値が電圧分の誤差として発生致します。
通常、各受信器(温度調節計、指示計、記録計等)は、仕様書、取扱説明書などで並列接続を明記している場合を除き、並列接続は、仕様範囲外の使用方法になります。
上記誤差により、各受信器の仕様を越える誤差が発生する事が考えられますので並列接続は自己責任となりますのでご注意願います。
↑このページトップへ↑

フレーム付 ホームページ

フレーム無 ホームページ

このページに関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、購読中止はcs@rkcinst.co.jpまでお願いします。
メールマガジンバックナンバー
理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
ホームページへフィードバック制御とフィードフォワード制御