RKC メールマガジン Vol.38
平成20年1月31日

1.高機能単相電力調整器 THV-A1シリーズに150A, 200Aタイプを追加
 昨年3月の発売開始よりご好評を頂いております高機能単相電力調整器 THV-A1シリーズに150A, 200Aの大電流タイプが新たにラインナップに加わりました。

 <特長>
  • 大電流に対応
     高容量サイリスタの採用により150A, 200Aまでのの大電流単相負荷に対応します。

  • 各種ヒータに対応
     定電圧制御・定電流制御(オプション)・定電力制御(オプション)を選択できるため高温での温度制御に有効な貴金属系ヒーター・スーパーカンタルヒーター・炭化珪素系ヒーターなど温度変化により抵抗値が変化するヒーターに対応可能です。

  • 通信機能
     通信機能(オプション)により、ホストコンピュータに接続できます。
    各種データのモニタ、各種設定値変更・動作切換等が通信上で可能になり、ラインの電力管理や警報モニタ等に威力を発揮します。

  • 非直線性負荷のヒータ断線を検知可能 <特許出願中>
     ヒータ断線警報機能(オプション)は、ヒータの特性に合わせて変曲点を最大3点設定できます。温度による抵抗値変化が大きい負荷(ランプヒータなど)にも対応可能です。また、変曲点の自動設定が可能のため、設定のための計算が不要です。

高機能単相電力調整器 THV-A1 200A仕様の製品写真
高性能単相電力調整器 THV-A1 の特集は、こちら

仕様については、こちら



2.熱の伝わり方のお話
 このメールマガジン読者は、温度計測や温度制御に携わっているかご興味がある方か多いかと存じます。今回の話題『熱の伝わり方』のお話は、高度な物理解説を行うものではありませんので気楽にお読み願います。
熱の伝わり方には、『伝導』、『対流』、『放射』の3つがあります。そして、この3つが複合的に影響して熱は伝わっています。

●熱伝導
物体が熱せられた際に、分子レベルの運動が激しくなり熱として伝搬していく伝わり方を言います。
熱伝導の説明図
熱の伝わる速度は、熱を伝え易いものや伝え難いものがあるようにそれぞれの物質により異なり熱伝導率で表されます。

●熱対流
 液体や気体などの流体が、温度差による密度変化により移動する現象を熱対流と言います。
身近な現象としては、お風呂や部屋の暖房(または冷房)などがあります。
お風呂では、温められた水が上昇し冷やされた水が下降する熱対流が起きています。
(実際の熱対流は、物理的に複雑な動きをしていて単純ではありません。)

●熱放射
 赤外線などの電磁波により伝搬される熱の伝わり方を言います。太陽から降り注ぐ太陽熱は、最も身近な例と言えるでしょう。
そして、熱放射は、高温な物のみでは無くあらゆる物体から電磁波として放射されています。
その波長は、温度が高い程短く、低いと長い特性を持っています。また、ガラス等の透明な物は、透過や反射で僅かしか熱が伝わりません。
放射温度計の多くは、被測定物から放射される波長から温度測定をしていますが被測定物の色、表面状態等々による放射率の違いや反射等の外乱に注意しなければなりません。
太陽 地球

熱の伝わり方から
 温度計測や温度制御の現場では、各種の温度センサを用いて温度を測る事が基本的に行われています。計測対象(制御対象)の熱の伝わり方を十分に把握した上で計測しなければ、より良い結果を得る事は出来ません。
工業、産業の現場で多く使われているステンレスの保護管内に納められた熱電対式温度センサや白金測温抵抗体温度センサは、被測定物に接触させ熱平衡(同じ温度になり熱の移動が無くなる事)により温度を測定しています。
温度センサへの熱の伝わり方の説明図(固体の場合)
上図のように、被測定物が固体で十分な熱接触が得られる場合、熱の伝わり方のほとんどは、熱伝導によるものとなります。(被測定物の素材により熱放射も無視できない場合もあります)
被測定物が気体や液体の場合は、熱伝導と熱対流を考慮して計測しなければなりません。
また、熱源が熱放射による赤外線ヒータや遠赤外線ヒータ等の場合、センサ自身を加熱してしまうため、被測定物である気体、液体と温度が異なってしまいます。
温度センサの選択および設置取付は、被測定物と使用する熱源(ヒータや冷却媒体等)の特性を十分に理解し『熱の伝わり方』を考慮しなければなりません。


3.Club RKC 更新情報
カタログ
CZ-200P 改訂 (08/01/25) 樹脂圧力センサ
THV 改訂 (08/01/09) 高性能 単相サイリスタユニット
AG500 追加 (08/01/07) 多機能パネル取付型指示計
取扱説明書
SRZ 改訂 (08/01/25)
Z-COM ホスト通信簡易版
モジュールタイプ調節計
SRZ 改訂 (08/01/25)
Z-COM 設置・配線簡易版
モジュールタイプ調節計
COM-MY(SRZ用) 追加
詳細版 通信データ一覧 (07/12/27)
MECHATROLINK 通信変換器
COM-MY(SRZ用) 改訂 (07/12/27) MECHATROLINK 通信変換器
ソフトウェア
WinSCI 通信ホストプログラム Ver. 1.48 改訂 (07/11/15)
改訂 FAQ.txt の追加、readme.txtにエラーメッセージ一覧を追記 (05/08/04)
旧来製品 13ファイルを追加 (05/07/21) 詳細は、『その他の製品資料
 →→→ Club RKC はこちら!
 →→→ SRXシリーズの特集はこちら!
 →→→ SRVシリーズの特集はこちら!
 →→→ SRZシリーズの特集はこちら!
 →→→ FBシリーズの特集はこちら!

↑このページトップへ↑

フレーム付 ホームページ

フレーム無 ホームページ

このページに関するお問い合わせ、ご意見、ご要望、購読中止はcs@rkcinst.co.jpまでお願いします。
メールマガジンバックナンバー
理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
ホームページへ理化工業メールマガジン