プレスリリース

2006年1月6日
報道関係各位

ハイブリット記録計 『SBR-EW180シリーズ』販売開始。

 理化工業(株)(本社:東京都大田区久が原5-16-6 社長:保知 輝幸)は、横幅180mmの記録紙を使用するパネル取付型ハイブリット記録計 SBR-EW180シリーズを平成18年1月6日より販売を開始致します。
SBR-EW180シリーズは、ご好評を頂いているSBR-EY180シリーズ型記録計の後継機種として最新技術を採用し開発され操作性、信頼性の向上を実現しました。


商品名 SBR-EW180型 ハイブリット記録計

 <特長>
  • 従来機種SBR-EY180型記録計との互換性を考慮した安心設計
     従来製品(SBR-EY180シリーズ)の記録用ディスポーサブルフェルトペン(ペン記録タイプ)、インクリボン(打点記録タイプ)、プロッタペン、チャート紙をそのままご使用可能です。
    裏面端子配列および計器奥行きサイズもSBR-EY180シリーズを踏襲し容易にリプレースする事が可能です。

  • 「見やすさ」と「使いやすさ」がさらに向上
     181×16フルドットの大型蛍光表示管ディスプレイ(VFD:Vacuum Fluorescent Display)を搭載し現場での良好な視認性を実現しています。各種設定に於いても対話式の設定ナビゲーション機能により容易に行えます。

  • 「信頼性」と「性能」がさらにアップ
     新開発の機械駆動部と高集積回路を使用した入力切換部により「信頼性」と「性能」が飛躍的に向上しています。


ハイブリット記録計 SBR-EW100型 製品写真
(上記写真の大きい方がSBR-EW180)


SBR-EW100/180型 ハイブリット記録計の特集へ


連絡先
理化工業株式会社
商品企画部 PD課
Mail : cs@rkcinst.co.jp
戻る戻る

理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
ホームページへ