モジュールタイプ制御システム PLC(Programmable Logic Controller)とプログラムレス接続 V-TIO-E/Fモジュール PLC(Programmable Logic Controller)とプログラムレス接続 MAPMAN(マップマン)
PLCへプログラムレス接続
モジュールタイプ デジタル調節計 SRV
 

PLC(Programmable Logic Controller)とプログラムレス接続

 モジュールタイプ デジタル温度調節計、SRVシリーズにPLC(Programmable Logic Controller)専用コマンド通信(MAPMAN)仕様V-TIO-E, V-TIO-F がラインナップ。
SRVがPLC(Programmable Logic Controller)のレジスタにデータを自動的に格納します。
温度データをPLC(Programmable Logic Controller)側のフラグ操作のみで簡単に取り扱うことができます。既存のシステムへの温度制御の導入、温度データを含めたシステム管理構築が短期間かつ低コストで実現できます。
また、31モジュール連結したユニットをマルチドロップ接続が可能となり、多点の温度制御システム構築ができます。


V-TIO-E/F の詳細取扱説明書のダウンロードは、 Club RKC

・PLC通信によるマルチドロップ接続

モジュールタイプ温度調節計 SRVシリーズ PLC通信によるマルチドロップ接続の説明図
※ 最大制御チャネル数は、仕様により制限があります。

・ホスト通信によるマルチドロップ接続

モジュールタイプ温度調節計 SRVシリーズのホスト通信によるマルチドロップ接続の説明図
※ 最大制御チャネル数は、仕様により制限があります。
マルチループ調節計は理化工業
1モジュールで2チャネル制御を実現 人に優しい安全設計
低消費電力 通信機能
省スペース・省配線
柔軟な通信機能
ホームページ会社概要What's Newプレスリリース製品特集製品案内温度制御の手引き
用語の便利帳展示会出展情報求人情報カタログ請求資材調達技術解説
各種ダウンロードサービスEnglish Home Page中文カタログリンクサイトマップ
温度制御は理化工業
戻る 理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.