FAQ

NWSシリーズ 電波干渉により無線通信が安定しないようですが対策はありますか?

電波干渉を回避する方法は3つあります。
1. NWS-COM-M1(無線親機)同士の距離を650mm以上離す
2. 周波数グループ設定を分ける
3. 無線アドレスグループ設定を行う



1. NWS-COM-M1(無線親機)同士の距離を650mm以上離す
NWS-COM-M1のアンテナを650mm以上離して設置してください。



2. 周波数グループ設定を分ける
周波数グループの設定はディップスイッチで行います。組み合わせるNWS-COM-M1(無線温度センサ変換機)とNWS-mini(無線変換機)それぞれで同じ周波数グループを設定してください。





3. 無線アドレスグループ設定を行う。
無線アドレスグループはNWS-COM-M1(無線変換機)のホスト通信で設定します。この時、NWS-COM-M1と無線通信を行っている全てのNWS-mini(無線温度センサ変換機)の無線アドレスグループも同じ値に設定されます。NWS-COM-M1では電源再投入で、NWS-miniでは即時に設定が反映されます。



無線アドレスグループ設定を行うことで、親機と子機の関係が結びづきます。これにより、電波干渉で他グループの無線温度センサが拾ったデータを親機が受信したとしても、異なる無線アドレスグループのデータは親機がデータを弾くようになりますので、電波干渉のある環境においても使用可能となります。

● 無線アドレスグループの初期化
NWS-Miniの無線アドレスグループ設定後、設定値が分からなくなった場合は以下の手順で初期化を行ってください。



WEBでのお問合せはこちら
電話でのお問合せはこちら