会社情報

沿革

1937年

5月20日 東京都世田谷区にAH研究所として創業
高周波電流測定用の真空熱電対を開発
1939年 東京都大田区久が原に本社工場新設にともない株式会社 東京理化工業研究所に社名変更
1944年 3月3日 理化工業株式会社として登記
1946年 バイメタルタイプのパン焼き用温度調節計を完成
表面温度計”HP-9”を完成
1952年 実用型温度調節計の先駆けとなる、電子管式発信型熱電温度調節計”PV-1”を完成
1963年 東京都大田区久が原に本社社屋完成
1968年 茨城県結城郡八千代町に工場を建設
樹脂圧力センサ ”CZ-1P”を完成
1969年 海外市場へ積極的に進出。アメリカ、香港、台湾に代理店を設置
1971年 茨城工場を増設し茨城事業所と命名
1978年 省エネルギーに貢献する加熱/冷却PID制御の温度調節計 ”MD-51”と”MF-51”を完成
1982年 業界に先駆けPIDオートチューニング機能を実用化したデジタル指示温度調節計 ”REX-C1000”を完成、オートチューニング付温度調節計の標準化に大きく貢献
1983年 多点温度調節計のパイオニア ”REX-Z2000”を完成
1987年 温度制御技術で広く業界に貢献したことを高く評価され、『国務大臣科学技術庁長官賞』を受賞
押出成形ラインプロセスコントローラ ”FAREX-E1”を完成
1994年 モジュール型調節計のパイオニア的商品となる ”FAREX SR Mini” を完成
1997年 品質マネジメントシステム ”ISO9001”を取得
1999年 高分解能、高精度型調節計”REX-F9000”を完成
2001年 環境マネジメントシステム ”ISO14001”を取得
2002年 茨城事業所を増設し、新工場を設立
高速サンプリング調節計 ”SRX”と”HA400, HA900”を完成
デジタル制御型、単相電力調整器 ”THV-1”を完成
2004年 携帯用温度計”DP-700”を完成
高性能型調節計”FB400 / FB900”を完成
2006年 モジュール型調節計”SRZ”を完成
2007年 現住所(東京都大田区久が原)に本社新社屋を完成
2008年 デジタル指示調節計”RB100 / RB400 / RB900”を完成
温度のJCSS校正事業者登録(登録に関わる区分:温度)の認定
2009年 プログラム調節計 ”PF900”を完成
Web販売サイト ”Shop RKC”を開設(日本国内のみ)
2015年 デジタル指示調節計 ”RZ100 / RZ400” を完成
2016年 高性能型調節計”FZ110 / FZ400 / FZ900”を完成
2019年 プログラム調節計”PZ400 / PZ900”を完成

HP-9

MD-51

PV-1

CZ-1P

MD-51

REX-C1000

REX-Z200

FAREX-E1

FAREX SR Mini

SRX

HAシリーズ

THV-1

DP-700

FBシリーズ

SRZ

RBシリーズ

PF900

RZシリーズ

FZシリーズ

PZシリーズ