製品情報

無線温度センサ変換器

無線式多点温度監視システム
NWS-Multi

  • リフロー工程のプリント基板温度を無線でリアルタイムに測定
  • 最大6点入力(K熱電対)
  • 耐熱性:300℃雰囲気にて3分
  • 無線変換器(受信器)はRS-485またはUSB通信でパソコンや表示器と接続可能
  • 無線通信距離:約100m
  • 市販の単三電池駆動
  • 多点温度の無線温度監視にも便利
  • NEW
  • 温度
  • 多点
ダウンロード
  • 主な特長
  • 主な仕様
  • 外形寸法
  • 型式/価格

主な特長

リフロー工程のプリント基板温度を無線でリアルタイムに測定

  • はんだ付け温度範囲が適切か、部品の耐熱保証温度を超えていないか、プリント基板加熱時の温度分布の検証等を、リアルタイムに無線で温度測定できます。

  • 温度センサは測定対象に耐熱エポキシ樹脂または耐熱粘着テープ等で測温部を固定してください。

300℃雰囲気にて3分の耐熱性能

  • 専用の耐熱ケースを併用し、プリント基板とともにリフロー炉へ投入できます。

  • リフロー炉以外にも、高温雰囲気での無線温度測定に利用可能です。
    ※蒸気等の多湿雰囲気では使用できません

<耐熱ケースを使用した場合の耐熱性能>
  100℃ 13分以内
  200℃ 5分以内
  300℃ 3分以内

※内部温度が50℃を超えない範囲で使用してください(内部温度が50℃を超えると警報状態となります)
※耐熱ケースはオプションとなります

最大6点、通信距離最長100mの無線温度測定が可能

  • NWS-Multi 1台で最大6点の温度測定が可能です。

 

  • 最長100mの無線通信が可能で、管理室等の離れた場所でも温度管理が可能です。

 

  • 受信器(NWS-COM-M2)はMODBUS通信でパソコンやPLCで温度管理可能です。

    ※NWS-COM-M2(受信器)はNWS-Multi専用品です。

専用ソフトウェアを用意

NWSMM

  • 無線接続した温度データのグラフ表示やプロファイル判定、ロギング等が可能です。

PROTEM2

  • 各種設定データの管理(データ設定・データコピー・データバックアップ等)が可能です。

主な仕様

NWS-Multi 多点無線温度センサ変換器(送信器) 

  • 入力点数 :6点 (入力間絶縁)
  • 入力種類と測定範囲 :熱電対入力 K -200.0~+1372.0℃
  • サンプリング周期 :1秒~60秒

(無線通信によって1秒単位で変更可能)

  • 信号源抵抗の影響 :約0.15 μV/Ω (熱電対の種類によって換算)
  • 入力断線時の動作 :アップスケール
  • 無線通信 : 無線識別

証明規則第2条第1項第19号に規定する特定無線設備

(日本の電波法の規則であり、国内のみ使用可能。)

無線周波数帯:2,402MHz~2,482MHz

伝送距離:約100m(使用環境により変化します。)

  • 電源 :ニッケル水素充電池 単3形(AA) 2本使用(電池は付属しておりません。)
  • 電池寿命 :サンプリング周期1秒時 約15時間
    ※電池寿命は使用条件や環境によって変動するため、

保証値ではありません。

  • 電源電圧 :DC 2~3 V
  • 使用温度範囲 :

耐熱ケースなしの場合:0~50℃

耐熱ケースありの場合:100℃ 13分以内

 200℃ 5分以内

 300℃ 3分以内

※内部温度が50℃を超えない範囲で使用すること

  • 使用周囲湿度 :5~95 %RH(結露無きこと)
  • 絶対湿度:MAX.W.C 29.3g/m3 dry air at 101.3kPa
  • 質量 :

耐熱ケースなしの場合:約155g

耐熱ケースありの場合:約830g


ST-56B フッ素樹脂被覆温度センサ 

  • 入力種類 : 熱電対入力K (JIS-C1602-2015)

許容差 クラス2

  • 測定範囲 : 0~260℃:連続 (20000h)、0~288℃:短時間 (1500h)

被覆材の融点: 310℃
(結露しないこと)

  • 測定精度 : ±2.5℃  (挿入長さ: 100 mm 以上)
  • 先端構造 : 先端開放型
  • 保護管許容曲げ半径 : 3 mm  (短径方向)
  • ケーブル引抜荷重 : 3 N 以上
  • 質量 : 約6 g


NWS-COM-M2 無線変換器(受信器)

  • NWS-Multi認識台数:最大1台
  • 無線伝送距離:約100m(金属・水中等電波を遮蔽する障壁がない空間にて)
  • シリアル通信機能
    1)電気的規格:EIA RS-485/422A準拠
    2)プロトコル:MODBUS-RTU
    3)最大接続台数:16台(同じ周波数グループ)※周波数グループは最大13周波数グループ
  • センサバイアス設定:-50.0℃〜+50.0℃
  • センサレシオ設定:0.500〜1.500
  • 使用温度範囲:-10〜+50℃
  • 電源電圧(定格):DC24V
  • 質量:約115g ※アンテナは含まず

外形寸法

NWS-Multi 多点無線温度センサ変換器(送信器)


ST-56B フッ素樹脂被覆温度センサ


NWS-COM-M2 無線変換器(受信器)

型式/価格

※価格についてはお問い合わせください。

※フッ素樹脂被覆温度センサ(ST-56B)は別売となります。