製品情報

プログラム調節計

プログラム調節計とは
プログラムパターンで設定した時間で設定値を変化させて制御する調節計です。設定値を上昇または下降させるといった制御(ランプ制御)と、設定した時間、一定の設定値をキープさせる制御(ソーク制御)を組み合わせることが可能です。プログラムパターンにタイムシグナルを設定することで外部にイベントとして出力することも可能です。

プログラム調節計(温度調節計)
PZ400 / PZ900

  • NEW
  • 温度
  • 各種プロセス
  • 測定精度:表示値の±0.1%
  • サンプリング周期:0.05秒
  • 16パターン×16セグメント(パターンリンクで最大256セグメント)
  • 8レベルPID機能搭載
  • 11セグメント5桁LCD表示
  • 簡単操作のダイレクト設定キー搭載
  • 前面ローダー通信対応
  • プラグイン構造

プログラム調節計(温度調節計)
PF900

  • 温度
  • 各種プロセス
  • 測定精度:表示値の±0.1%
  • サンプリング周期:0.1秒
  • 99パターン×10セグメント~10パターン×99セグメント(最大1024セグメント)
  • グラフィカルなプログラムパターン表示
  • 前面ローダー通信対応
  • プラグイン構造

プログラム調節計(温度調節計)
REX-P24

  • 温度
  • 測定精度:±0.3% of スパン
  • サンプリング周期:0.5秒
  • 2パターン×8セグメント(パターンリンクで最大16セグメント)
  • プラグイン構造