製品情報

温度センサ / 湿度センサ

射出成形機金型内樹脂温度センサ
キャビサーモ(CAV-60)

  • 射出成形機金型に取り付けて成形中の樹脂温度を直接検出できる温度センサ

 

  • 成形品にセンサを直接当てて温度を測定するため射出から型開きまでの1ショットの金型内成形品の樹脂温度の挙動把握が可能

 

 

  • NEW
  • 温度
ダウンロード
  • 主な特長
  • 主な仕様
  • 外形寸法
  • 型式/価格

主な特長

成形時の成形品の不良解析に貢献

  • 射出成形機の成形中(金型内)の樹脂温度は、品質・高効率化に欠かせない要因です。
    キャビサーモは金型に取り付けて、成形中の樹脂温度を直接検出するセンサです。

  • キャビサーモは、正常時プロファイルとの比較による良否の判定が成形時の段階で可能です。検査作業工数削減、初期段階での不良発見につながります。

直接タッチ温度測定で速い応答性

  • 高速充填成形でも、レスポンス良く成形中の樹脂温度変化を測定できます。

 

  • 小型でキャビティ・ランナーから出っ張らず、樹脂の温度を直接タッチで高速に測定できます。

専用変換器を用意

  • キャビサーモで測定した温度を4~20mA、0~10Vなどの伝送出力に変換し、オシロスコープなどに接続して温度推移解析ができます。

  • イベント出力と通信機能を搭載し、外部シーケンスとの連携が可能です。

主な仕様

キャビサーモ CAV-60 

*掲載している仕様はキャビサーモ温度センサ単体の仕様となります。

  • センサ種類 :K熱電対 クラス1(JIS C 1602-2015)
  • 使用温度範囲 :0~400℃
  • 測定精度 :±1.5℃(200℃のオイルバス計測時)
  • 応答時間 :90% 0.42秒 typ.  99% 0.68秒 typ.

※センサーを金型(幅36mm×長さ22mm×高さ19mm: 鉄製)に装着した状態で、専用装置(表面温度校正器)にて立ち上がりから最高到達温度までの時間を100%とする)

  • 許容樹脂圧力 :100MPa(静圧時)
  • 繰り返し性 :±2℃以内

※センサーを金型(幅36mm×長さ22mm×高さ19mm: 鉄製)に装着した状態で、専用装置(表面温度校正器)での試験を3回行った時の、最高到達温度の最大幅を測定する。測定値の最大偏差を求めその1/2の値とする。

  • 耐熱温度 :受熱板:400℃以下、金型埋め込み部:200℃以下
  • 材質 :受熱板:SUS440C(保護管・ストッパー:SUS303)
  • ケーブル長 :500mm~3000mm(500mm毎に指定可能)
  • ケーブル材質 :フッ素樹脂(PFA)緑色(耐熱260℃)

 

 

キャビサーモ専用変換器 GZ400 (Z-1214)

  • 入力点数 :2点
  • 入力の種類 :キャビサーモ(入力-出力間絶縁)
  • 入力範囲 :0.0℃~400.0℃
  • 入力分解能 :1/200000
  • サンプリング周期 :0.01秒
  • 測定精度 :±(0.5℃+1digit)
  • 出力点数 :2点
  • 出力種類 :DC0~5V、DC0~10V、DC1~5V、DC0~20mA、DC4~20mA
    *許容負荷抵抗: 1kΩ以上(電圧出力)、500Ω以下(電流出力)

 

<オプション仕様>

  • 通信機能 :RS-485、RS-422A(ANSI/MODBUS-RTU/MAPMAN)
  • イベント機能 :最大4点

 

<一般仕様>

  • 電源電圧 :AC 100〜240V、AC/DC 24 V
  • 使⽤環境温度 ︓-10〜+55℃
  • 質量: 約221g
  • 安全規格:

UL UL61010-1
cUL: CAN/CSA-22.2 NO.61010-1

CEマーキング:低電圧指令(LVD)  EN61010-1

EMC指令 EN61326-1

RCM EN55011

外形寸法

単位:mm

 

キャビサーモ CAV-60

 

 

キャビサーモ専用変換器 GZ400 (Z-1214)

 

型式/価格

キャビサーモ CAV-60

 

キャビサーモ専用変換器 GZ400 (Z-1214)