製品情報

モジュール型調節計

モジュール型調節計(プロセス/温度調節計)
SRZ

  • 測定精度:表示値の±0.2%
  • サンプリング周期:0.25秒
  • 1台で4CHの制御が可能
  • 前面ローダ通信対応
  • デジタル入出力、CT入力モジュールを用意
  • 各種フィールドバス通信変換器を接続可能
  • 温度
  • 各種プロセス
  • 多点
ダウンロード
  • 主な特長
  • 主な仕様
  • 外形寸法
  • 型式/価格

主な特長

4台の温度調節計を小型モジュール1台に凝縮

■コンパクトなモジュール1台で4CHの制御が可能です。(加熱冷却制御タイプの場合は2CH)

■温度制御モジュール(Z-TIO)は最大16台(最大64CH)まで連結可能です。

各種専用モジュールを用意

■温度制御モジュール(Z-TIO):温度/プロセス制御用モジュール

■デジタル入出力モジュール(Z-DIO):モード切替・イベント出力等用モジュール

■通信拡張モジュール(Z-COM):通信変換・モジュール連結時のデータ管理用モジュール

■CT入力モジュール(Z-CT):ヒータ断線警報用CT入力・多点CTモニタ/過電流警報用モジュール

各種フィールドバスへ接続可能 (通信変換器)

■Ethernet系のネットワーク(MODBUS/TCP、EtherNet/IP、EtherCAT、PROFINET)に接続可能です。

■CC-Link、DeviceNet、PROFIBUS、MECHATROLINKに接続可能な通信変換器を用意しております。

PLCへプログラムレス接続

■三菱電機製MELSECシリーズPLCにプログラムレス接続が可能です。

ローダ通信搭載

■全モジュール前面ローダ通信ポートを装備し現場での保守性が向上します。

■調節計・指示計設定データ管理支援ツールPROTEM2を用意しております。

表示器(タッチパネル)+PLCを利用したシステム化も対応可能です

■多点温度制御のモニタ、操作を表示器にまとめ、管理しやすいシステムの構築が可能です。

■PLCを含めた装置全体のシステム構築もサポート可能です。

主な仕様

温度制御Z-TIOモジュール

  • 入力点数:4点または2点
  • 入力の種類(各グループ内ユニバーサル入力) ※入力範囲は入力レンジコード表(型式・価格)を参照
    1)熱電対:K, J, R, S, B, E, N, T, W5Re26/W26Re, PLⅡ
    2)測温抵抗体:Pt100, JPt100 (3線式)
    3)直流低電圧入力:DC0~10mV, DC0~100mV, DC0~1V
    4)直流電流入力:DC0~20mA, DC4~20mA
    5)直流高電圧入力:DC0~5V, DC1~5V, DC0~10V
  • サンプリング周期:0.25秒
  • 測定精度:±(表示値の0.2%+1digit) ※入力・レンジにより異なります
  • 出力1・2(OUT1・2)
    1)リレー接点出力:1a接点
    2)SSR駆動用電圧パルス出力:DC0/12V
    3)電流出力:DC0~20mA, DC4~20mA
    4)電圧出力:DC0~5V, DC1~5V, DC0~10V
    5)SSR(トライアック)出力:定格電流:0.5A
    6)オープンコレクタ出力:シンク方式
  • イベント(警報)機能:最大4点 ※LBA機能含む
  • 通信機能:通信方式 RS-485
  • 付加機能:出力分配機能・Nice MEET 機能・自動昇温機能・ピーク電流抑制機能・連動運転機能・設定値選択機能(リモートSV・比率設定・カスケード制御)

<オプション仕様>

  • ヒータ断線警報用CT入力(最大4点) ※時間比例出力および連続出力に対応可能

<一般仕様>

  • 電源電圧(定格):DC24V
  • 許容周囲温度:-10~50℃
  • 質量:端子台タイプ 約160g  コネクタタイプ 約140g
  • 安全規格:UL UL61010-1

cUL CAN/CSA-22.2 NO.61010-1
CEマーキング:低電圧指令(LVD) EN61010-1

EMC指令 EN61326-1

RCM EN55011

 

デジタル入出力(Z-DIO)モジュール

  • デジタル入力 ※入力割付表(型式・価格)参照
  • 入力点数:0または8点
  • 入力方式:有電圧接点入力 シンク方式
  • デジタル出力 ※出力割付表(型式・価格)参照
  • 出力点数:0または8点
  • 出力種類:
    1)リレー接点出力 1a接点
    2)オープンコレクタ出力 シンク方式
  • 通信機能:通信方式 RS-485

<一般仕様>

  • 電源電圧(定格):DC24V
  • 許容周囲温度:-10~50℃
  • 質量:端子台タイプ 約150g  コネクタタイプ 約130g
  • 安全規格:UL UL61010-1

cUL CAN/CSA-22.2 NO.61010-1
CEマーキング:低電圧指令(LVD) EN61010-1

EMC指令 EN61326-1

RCM: EN550

 

電流検出器入力(Z-CT)モジュール

  • 入力点数:12点
  • 入力の種類:CTL-6-P-Z (10A用)、CTL-6-P-N (30A用)、CTL-12-S56-10L-N (100A用)
  • ヒータ断線警報点数:12点(CT入力1点に対して1点)
  • ヒータ過電流警報点数:12点(CT入力1点に対して1点)
    ※ヒータ断線警報・過電流警報自動設定機能付
  • 通信機能:通信方式 RS-485

<一般仕様>

  • 電源電圧(定格):DC24V
  • 許容周囲温度:-10~50℃
  • 質量:端子台タイプ 約160g  コネクタタイプ 約140g
  • 安全規格:UL UL61010-1

cUL CAN/CSA-22.2 NO.61010-1
CEマーキング:低電圧指令(LVD) EN61010-1

EMC指令 EN61326-1

RCM EN55011

 

※Z-CTモジュールでZ-TIO-C/D,Z-COMを使用時の注意

Z-CTモジュールは、Z-TIO-C/DモジュールのPLC通信には対応していません。データの確認は、ホスト通信で行ってください。Z-COMのPLC通信の場合Z-CTモジュールの通信データを割付ける必要があります。その場合、当社製PLCレジスタマッピングツール(ZEAL2)を使用してレジスタアドレスの割付が必要となります。

※Z-CTモジュールヒータ過電流警報機能について

Z-CTモジュールのヒータ過電流警報状態は、Z-DIOモジュールから出力しません。通信データでの確認となります。

 

通信拡張(Z-COM)モジュール

  • モジュール接続台数:同一機能モジュールは16台以下、合計接続台数31台以下
  • RKC標準通信:通信方式 RS-485 / RS-422A
  • MODBUS通信:通信方式 RS-485 / RS-422A
  • PLC通信(MAPMAN):通信方式 RS-485/ RS-422A
  • 対応機種

1)三菱電機株式会社

AnA / QnA / Qシリーズ  AnA / AnUCPU 共通コマンド(QR / QW)(0401/1401)(ZRレジスタのみ)
Aシリーズ / FX2N / FX2NCシリーズ  ACPU共通コマンド(QR / QW)

2)オムロン株式会社

SYSMACシリーズ  Cモードコマンド (RD / WD)

  • 最大接続台数:4台

<一般仕様>

  • 電源電圧(定格):DC24V
  • 許容周囲温度:-10~50℃
  • 質量:約110g
  • 安全規格:UL UL61010-1

cUL CAN/CSA-22.2 NO.61010-1
CEマーキング:低電圧指令(LVD) EN61010-1

EMC指令 EN61326-1

RCM: EN55011

外形寸法

型式/価格

温度制御Z-TIOモジュール

 

デジタル入出力(Z-DIO)モジュール

 

電流検出器入力(Z-CT)モジュール

 

通信拡張(Z-COM)モジュール